B型肝炎給付金とは

B型肝炎ウイルスに感染すると、肝がんや肝硬変などのリスクが高まります。B型肝炎特別措置法においては、重度の肝ガンや肝硬変で死亡した人は、3600万円の給付金が遺族に支給されます。同じように死亡した人で20年以上たった人は900万円が支給されます。

給付金軽度の肝硬変であれば、発病後提訴までに20年未満の人で2500万円、発病から提訴まで20年以上経過した人は600万円支払われます。現在治療中ではなく発病から20年以上経過した人は300万円です。慢性B型肝炎も同じように給付金が支給されます。発病後提訴まで20年未満の人は、1250蔓延、20年以上経過した人は300万円そのうち治療中でない人は150万円などと金額が決まっています。

また、無症候性の人でもキャリアであれば給付金と定期検査費などが保障されます。さらには、訴訟などにかかる弁護士費用や、B型肝炎ウイルスに感染したことを確認するための検査費用なども、これらの給付金とは別に支給されます。

B型肝炎ウイルスに感染した人には、病状に応じてあらかじめ国で決められた給付金が支給されます。まずは自分がB型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを検査して確定することが先決です。